賃貸住宅で水のトラブルが発生した時に有効な対策

水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります 水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります

賃貸住宅で水漏れが発生した時の対策

築年数の古い賃貸住宅では設置してある設備や、住宅の屋根や外壁から水漏れが発生する事もあります。こういった水のトラブルが発生した場合は、適切な処置をすることで迅速にトラブルを防ぐことができ被害を最小限に抑える事ができます。

原因を特定することが必要

壁

屋根や外壁から雨が侵入し、家の中で水が染み込んでくることがあります。その様な場合には外壁の修理が必要で、中に染み込んでしまった水分を拭き取って乾燥させる必要があります。そして原因の箇所をよく観察し、常に水が漏れているのか、一定の時間に漏れてくるのか、雨の日に漏れてくるのか、確認をしておくと良いでしょう。

火災保険を使用することも可能

壁から水が漏れだしたら、保険を使用して修理ができる可能性があります。この修理は業者に依頼することが多く費用が高額になる場合が多くあります。火災保険に加入する際は、水漏れも保険適用できるようにするとよいでしょう。マンションなどの賃貸では特に保険でカバーできるので事前相談がおすすめです。

市販の対策グッズが非常に便利

賃貸住宅で水のトラブルが発生した時に、水漏れ対策グッズを購入しておくと、迅速にトラブルを解消できることがあります。ここでは水漏れや詰まりに役立つ対策グッズをご紹介します。

市販されている水トラブル対策グッズ

パイプクリーナー
排水管の詰まりは、多くの原因が食品や石鹸、ボディソープから排出される油分が原因です。またトイレットペーパーや排泄物なども原因になることがあります。ですので、できるだけ排水管などをつまらせないような工夫をしておきましょう。この時、パイプクリーナーを排水に流し込み数分放置しておけば、つまりの原因を解消できます。
ワイヤーブラシ
エアコンにあるドレンパンの詰まりの解消に役立つのがワイヤーブラシ。ワイヤーブラシを排水管の中に入れると、直接つまりの原因となる箇所を清掃することができます。柄についているハンドルレバーを使って遠隔で操作ができるので大変便利です。

TOPボタン