給湯器で水のトラブルが発生する?~種類と交換の必要性~

水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります 水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります

賃貸住宅の給湯器で発生するトラブル

ほとんどの賃貸物件には給湯器が設置してありますが、長期間使用しないでいるとお湯が出なくなることがまれにあります。ここでは給湯器の種類とお湯が出ない原因について詳しく説明します。

住宅に設置されている給湯器のタイプ

ガスタイプの給湯器

この給湯器は、ガスバーナーを使用してお湯を沸かします。他の給湯器と違い、ガスバーバーナーで沸かすので、コストを抑えることができます。ただ、ガスの種類によっては光熱費が高くなる可能性もあります。

電気式給湯器

ガス給湯器と比べて、電気式給湯器はエネルギー源がエコなところに特徴があります。貯湯式ではないので、貯湯タンクを置くところが必要となります。また、給湯できる量が決まっているので注意しながら使用するようにしてください。

給湯管の劣化による水漏れ

給湯器の水漏れは、給湯官を長年使用することで発生してしまいます。また、劣化が原因で水漏れをするということが多々あります。給湯器の寿命は約10年程度とされていて、いくら大事に使用していたとはいえ、経年劣化のリスクは避けることが出来ません。特に下記の場合には注意が必要です。

  • 異常音がする
  • 排気口の近くが黒ずんでいる
  • 熱湯が出ない
  • 周辺でガスの臭いがする

などといった症状が出ると給湯器の買い替えのタイミングです。特に給湯器の設置から7年以上経過している場合は、点検をした後に交換をしておくのが得策です。 古いままの給湯器を使用し続けると、修理が必要になり修理費用などの予想外の出費が発生することがあります。このあたりも安全に使用することを一番に考えておきましょう。

TOPボタン