入居前にエアコンチェックをしよう!~水のトラブルを防ぐ~

水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります 水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります

賃貸住宅を契約する際はエアコンに注意

賃貸住宅の中には、入居する前からエアコンが設置されている物件もあります。ただ、設置されているエアコン自身に問題があったり使用方法に誤りがあったりする時は、水のトラブルが起こる可能性が高いです。

エアコンによる水のトラブルが発生する原因

ドレン管のつまり
エアコンの水を流すドレンパンという箇所は、あまり目につかないためほこりやカビなどが発生し、ゴミも溜まりやすくなります。これがつまりを起こしてしまい、水漏れになるケースが非常に多いため注意が必要です。
送風口から漏れる結露
外気と室内の温度差が激しい時や室内の湿度が高い時は、送風口に結露が溜まりポタポタと水漏れすることが多いです。この場合、部屋の湿度調整をすることで解消されることもあるので、適度な換気をしておくことが大切です。
施工不良によるトラブル
外部からも、設置不良などの原因で雨水が侵入してくることがあります。これはエアコン設置時の施工不良によるケースもあれば、エアコン自体の劣化によって起こることもあるため、定期的な点検と確認が必要になります。

部屋に入居前する前に、エアコンが設置されていた場合は、一度試しに使用して動作や設備の状態に異常がないのか確認をしておくとよいでしょう。事前に設備の状態をチェックしておけば迅速に水のトラブルを解決することが出来ます。

エアコンの水漏れ修理は業者に依頼

簡単な水漏れが発生した場合には、個人で修理を行うことで解決することが出来ます。しかし、エアコン内部での異常が原因で水のトラブルが発生している場合は、専門業者に施工を依頼するのが最も適切で安心です。

プロのアドバイス

ドレンパンの洗浄は業者に任せるのが安心です (水道修理業者)

ドレパンに雑菌が繁殖すると、汚れが溜まってしまい水の流れが悪くなります。これが不具合の原因となり、ドレパンの清掃が必要になるのです。ドレパンの清掃はエアコンを分解してから行なわないといけません。そのため、こういった作業は専門知識が必要になるので、業者に任せた方がいいでしょう。

TOPボタン