水のトラブルが発生したらどうする?~対処法と責任の所在~

水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります 水トラブルが発生したら、正しい流れで対処する必要があります

賃貸住宅で発生する水トラブルに注意

水

アパートやマンションなどの賃貸住宅で生活をしている人の中で、水漏れなどの水のトラブルに頭を抱えている方は居らっしゃることでしょう。実はこうした水のトラブルは、賃貸住宅で発生しやすいトラブルの一つとされています。他にも賃貸住宅で発生するトラブルが、あるのでいくつかお教えします。

賃貸物件で発生しやすい水のトラブル

  • 室内に設置されていたエアコンから水漏れが発生
  • 給湯器の故障、もしくは水漏れ
  • 蛇口からの水漏れ、排水口部分の詰まり
  • トイレの詰まり

簡単な水トラブルは個人で解消することができます

台所シンクで排水の詰まりが発生したら、シンク下の棚を開けてどっちに詰まりがあるのか確認をする必要があります。排水ホースの場合だと、油分などが硬化して詰まりを起こしていることが多いため、ホームセンターなどで販売されている排水ホースを交換したら解消されます。

修理できない場合は水漏れ修理の業者に相談

自分で排水管を交換することも可能ですが、「水道管の亀裂」、「水漏れ」、「水が勢いよく流れ出る」などの状態にある場合、素人が手を出してしまうと被害がさらに広がるかもしれません。このような状態になったら、一度業者に相談をしてみるとよいでしょう。緊急の場合でもすぐに駆けつけてくれるので、大変頼もしいです。

水漏れや詰まりを無理に直そうとすると、症状が悪化して修理に余計時間がかかる可能性があります。特に賃貸住宅の中で詰まりや水漏れが発生した場合は、トラブル防止のために業者へ連絡した方がいいです。

施工費用は管理会社やオーナーが負担

水漏れや詰まりなどのトラブルを解消するには業者に施工料金を支払い、修理を行なってもらいます。ここでは修理業者の方に、修理費用の請求先に関する疑問を聞いてみましょう。

修理業者が教える賃貸住宅での費用負担に関する情報

賃貸住宅で水漏れが発生した際はどうすればいいですか?
まずは、最初に管理会社やオーナーに相談しましょう。マンションやアパートなどの賃貸住宅の中には、依頼する業者を特定しているところがあります。その場合、別の業者に作業してもらうより専属で対応してくれるため、スムーズに進めることが可能です。
修理費用をオーナーや管理会社に負担してもらうことはできますか?
水漏れの原因が蛇口の劣化によるものであれば、修理費用は管理会社やオーナーの負担となります。これは管理会社やオーナー側が安全に使用できるように整備しておく義務があるからです。小さな水のトラブルでも、修理する必要性が出て費用が発生した場合は管理会社に負担をしてもらうようにしましょう。
個人で費用を負担しなければならない時はありますか?
部屋を借りている側が故意に蛇口を無理な使い方によって破損させてしまった場合、自己負担になることが多いです。管理側ではなく入居者側の使用方法が間違っているため、その費用負担は100%対応しないといけません。

夜間に水漏れが発生した時の対処

夜間に水漏れが発生してしまい、早急な対処が必要な時は水漏れ業者に依頼しましょう。後で、オーナーに説明をするためにも、業者から水漏れの原因や対処方法についての書類をもらっておくと安心です。

オーナーや管理会社に相談してすすめよう

修理をする作業員

こういった水のトラブルが起こった際には、基本的にオーナーや管理会社にしっかりと相談を行なっていれば、費用に関してなどのトラブルを避けることが出来ます。逆に連絡をしていないと、修理費用がすべて自己負担になる可能性があるので注意をしましょう。

TOPボタン